インビザライン矯正をおえて



矯正を終えて、感想や、今矯正をしようかどうか悩んでいる方に伝えたいことを書きたいと思います。


私は、矯正して良かったなぁと心から思っています。
完全に歯並びが整うよりだいぶ前の段階で既にそう思っていました。

とはいえ、どんなに安い方法を選んだとしても、何十万もする高い高い出費です。
やりたくたってお金がない、といわれてしまっては何も言えません。
貯金してお金はある状態になっても、本当にこんなことに使っていいのか、と悩みました。
ただ、歯並びについて悩む時間が膨大であればあるほど、早く矯正をしちゃった方がいい、そう思います。
お金は大事ですが、時間だって大事です。




インビザラインをすすめるかどうか


まず前置きとして、他の矯正方法を体験していないので、比較はできないということと、
インビザラインを希望してもできない場合があるかもしれないということは先に書かせてください。


その上で、私はどう思っているのかというと、「どちらともいえない」です。

すみません(^^;)


もう少し詳しく書くと、「メリットはすごくあるので、デメリットについても十分容認できるのであれば良いと思う」といった感じです。
「ワイヤー矯正なんかやめときなって!インビザラインのがいいよ!」といわないのは、どんな矯正方法にもメリットとデメリットがある、ということを身をもって実感したからです。



インビザラインの治療開始前におけるメリットとして、ゴールが分かるということがあります。
ワイヤー矯正では、ゴールは先生の頭の中にしか見えていませんが、インビザラインは、あらかじめ歯の動きを見せて貰える点が、とても安心できると思います。


そして、矯正を始めた当初、インビザラインのメリットを強く感じ、これはとてもいい!他の人にもすすめたい!と思っていました。


目立ちにくく、食事やハミガキは今まで通りできます。
マウスピースの管理も慣れればこれといって大変ではないです。
慣れるまではしゃべりにくさ、口内炎などもありましたが、慣れてからはありません。
歯の痛みも軽度な上にマウスピース交換直後~数日しかなく、さほど気になりません


早い段階で、見た目上一番目立つ、前歯の叢生が治ったことも、インビザラインの印象を良くしました。
思うに、こうした動きは得意なんだと思います。
あと、歯列全体を広げる(歯列のUを広げる)動きも得意なんだと先生が言っていました。


しかし、一方で、不得意な動きもあるのではないかと感じています。
(不可能という意味ではなく、得意というわけではなさそう?という意味です)
それについては説明を受けたわけではないので、完全に個人の見解ですが。

私は途中で上下の噛み合わせがあわなくなり、マウスピースの再作成となりました。
「噛み合わせ」。見た目以上に大切な点だと思いますが、もしかすると、これはワイヤー矯正の方が勝っているのでは?と思っています。


噛み合わせがおかしくなってきたときも、マウスピースをしてしまえば一見噛み合って見えていました。
マウスピースをした状態で噛み合ってしまうと、装置が異常事態を認識する手段はありません。
マウスピースをしているということは、それだけ違和感があって当然なのに、
マウスピースをしていない時よりもしている時の方が心地いい、そう感じてきた時は注意です。


とても薄い素材とはいえ、歯と歯が噛み合うことを妨げるには十分な厚みがあると思います。
上の歯と下の歯、どちらも計画通り動いて正しい位置にいれば噛み合って当然。
理論上はそうだと思うのですが、なかなか理想どおりにはいかない印象を持ちました。
もちろん、上手く行くこともたくさんあると思います。
個々の歯の状態や癖、(もしかすると治療計画の優劣)、色んな要因が考えられますが、私はうまく行かなかったので、そう思ってしまいました。




メリットが多い方法だと思うので、普及して欲しいという気持ちはありますが、
マウスピース矯正は(少なくとも現段階では)まだ、どんな矯正方法にも勝るとか、ワイヤー矯正から取って代わる存在だとはいえないように思いました。


しかし、魅力的な面は本当にとてもたくさんあります。
これだけ快適な矯正生活を送れたのはインビザラインだったからだと思っています。
金属アレルギーでも矯正ができる手段があるのはとても素晴らしいことだと思いますし、一応満足はしています。
ただ、どんな方法もデメリットはあるんだと思います。

インビザラインでマウスピース再作成となっているような話はあちこちブログなどで見かけますので珍しくないことのように思います。
最初の治療計画通り行くと期待しすぎず、治療期間も延びるだろうくらいの気構えでいれる方であれば、十分トライする価値はあるのかなと思います。



歯科医のウデは関係するか?


正直、失礼ながら、マウスピース矯正に歯科医のウデはあまり関係しないだろう、と最初は思っていました。


私が通っている矯正歯科医院は、何やら資格や認定も色々と書いてありますし、ちゃんとした(?)矯正歯科だと思っています。
矯正を始める前に、インビザラインでの治療経験をお聞きしたところ、二桁だったと思いますが、正直そんなに多くないな、と思いました。
(症例数を聞いた上で始めたので、それなら十分と思って始めたように思われたかもしれませんが、少なっ!!と思ったのに始めました(笑))


それもこれも、ウデはそんな関係ないんじゃない?、っていう思いがあったので。
誰でも最初は0ですしね(笑)経験数が少ないから排除していたら人材が育たない(笑)
歯医者さんは早くに独立して開業される方が多いので、独立した後に新しいことを始めようとするのは結構大変だよなぁって思います。
敢えて自分が実験台になる必要はないとは思うんですけど、「私の歯並びはそこまで重症例じゃないと思うし、名医じゃないと無理なんてことないだろう」って勝手に思っていました。
(これは本当に私の性格的な部分があって、美容院でも、別にベテランの店長さんにお願いしたい、なんて思ったことないです。私の髪の毛は特に扱いにくい毛でもないし、こだわりの髪型やカラーリングをお願いしたりしないので、ペーペーで全然OK、どうぞ好きにやって下さい、って感じです)


どこでも同じなんじゃないの?って当初質問し、そんなことはない、と回答されたことは以前にも書きましたが、歯を削るにしても、どのタイミングでどこをどれだけ削ればいいかということはクリンチェックに事細かに書いてあるわけで、説明書通りに行うだけの技術があれば問題ないだろう、くらいに思っていました。


…が。
事前の下調べでは全然知りませんでしたが、インビザラインを熱心にやっている医院では設備投資が違うみたいです。
歯型を取るといえば、シリコンで取るのが当たり前と思っていましたが、スキャナー(インビザライン用スキャナーiTero element)でできる時代なんですね(そりゃそうか(^^;))
どちらの方が正確で苦痛がないかは一目瞭然ですね。
正確な計画ができてこそのインビザラインだと思うので、そういう点では実績が多いというか、設備投資している医院のがいいように思いました。
私が矯正について調べだしたのが2015年ごろですが、この機械が承認されたのは2017.7.7のことなので、これからどんどん普及すると思いますし、これから始められる方はとてもラッキーかなと思います。
何で事前にそういうことを考えなかったのかと自分を責めたいところですが、2015年にはなかなか地方では巡り合えなかったのだろう、と思うことにします。


また、それ以外にも、例えばインビザラインでもゴムかけをしている人が結構いらっしゃいますよね。
これは勝手に思っているだけですが、私もあれをしていれば噛み合わせが合わなくなる事態は免れたんじゃぁ?って思いがどうしてもあります。
あれはインビザラインシステムの指示なのか、歯科医師の計画でそうなっているのか分かりませんが…
自分はあえて、症例経験が少ないことを知りながらもそこにしましたが、特別な事情がなければ、普通は、症例経験が多いところを選んだほうが良いでしょうね(^^;)



歯科医院はどう選べばいいのか?


やはり、矯正治療の経験豊富なところがよいだろうとは思いますが、ある程度絞り込んだ後、何を最後の決め手にすればいいのか、未だに分かりません。
私の場合、無料カウンセリングに3軒行き、「もうこれ以上無料カウンセリング行くの疲れた」「無料カウンセリングを何軒も行った所でこれといって何も進まない」、と、特別ここにしたい!という前向きな思いというより消去法で3軒目で決めました。
でも、時々、1軒目にしていたら、とか、もっと他のところにしていたら、と思うこともありました。
順調に行っている時は何も思いません。そうではない時です。
まぁ、ないものねだりというやつでしょう。


もっと良い治療を受けられたかも、と考え出すとキリがないです。
この悩みを解決するには、アメリカに行くくらいしないと無理かもしれません(笑)


それが無理なので、立地や金銭面など、自分にとって通院可能な医院で折り合いを付けていくしかないんだと思います。
ブログなどで他の人と比べると、ショックを受けることも多々ありました。
私の行っているところはイマイチなのかも?!って思ったり。


でも、結果的には上手くいきました。
最善や最短ではないかもしれないけど、矯正が上手くいけばそれでよいのです。
これから矯正を始められる方は、きっと医院選びが最初にして最大の難関だと思いますが、絶対的な正解ってないと思うので、自分が納得できるところを選ぶしかないんじゃないかなと思います。



私の場合は、(自分に似た歯並びの方が非抜歯でできているのだから、できると言ってくれる医院があるはず)という思いから、非抜歯に重点をおいて探しました。
もし、無料カウンセリングでどこもノーと言われていたら、もっと探し続けたかもしれないし、矯正自体しないことを選んでいたように思います。
それくらい、歯を抜きたくなかったのです。
やっぱ自前の健康な歯に勝るものなんてないと思います。
不健康な歯とか、その歯があるせいで他の歯に悪影響とかなら抜いてもいっかなーとか思いますが、健康な歯を美容上の理由だけで抜いてしまうのは抵抗があります。


ひとそれぞれ譲れない点は違うと思うので、それにあった医院を探すしかないと思います。



選択肢がたくさんある環境にあって、値段で選べるような状況であれば、やはりコミコミプランのところがよいのではないかと思います。
私は都度調整費がかかる医院だったので、治療が長引くとダブルで嫌な気持ちに。。
コミコミプランで非抜歯でやってくれるという医院が、当時、通える範囲に見つけられなかったので仕方がないと自分では思えていますけどね。


自分が矯正歯科を探していた時から日が経って、再度検索すると当時見つけられなかったような医院のホームページが色々出てきました。
もし今開始するのであればこちらにしていたかも??なーんて。
結局、その時良いと思って決めたことも、時間が経てば変わるもの。
特にインビザラインはこれからどんどん発展して行くものだと思うので、数年後には、えー?!そんな高い値段でやったのー??!て言われちゃうかもしれません。
でも、その時はその選択をしたんだから。仕方がないことだし、結果に満足しているのだから、それでいいのだと思わないと、です。


これから矯正を始められる方も、「後悔しないように」なんて言ってもおそらく無理で、きっと何度か後悔をすることがあることと思います。
それでも、過去の選択をした自分を否定するのは苦しくなるだけなので、過ぎ去ったことは仕方がないとどんと構え、とにかく、終わりよければ全てよしの精神で、流れに身を任せて長期戦覚悟でいかれるのがよいかと思います。



 最後に     


インビザラインはとても画期的な装置だと思います。
今はまだ、比較的軽症じゃないと勧めてもらえないかもしれませんが、理論上はどんな歯型でもできるはずだと思うんです。
歯科医の経験値が上がれば適応も拡がるように思います。


一方で、理論上は誰でもできるはずですが、メリット、デメリットを比較した時、得意な動き、苦手な動きを考えたとき、誰にでもインビザラインが一番合うとはならないのかもしれません。
今以上に、できないことはないけど、あんまり勧めませんよ?と言われるケースが出てくるかも?って思ったりもします。
色んな手段を使い分け、ある時期はマウスピースで、ある時期はワイヤーで、という複合的なやり方がメジャーになる日がくるかもしれません。



何にせよ、歯並びに相当悩んでいるのであれば、歯列矯正を行うこと自体は心からお勧めします
30代でもやって良かったと思うし、もし将来子供がそうだったら、やってあげたいと思います。
ただし、矯正する前に期待していたこと全てが叶えられるとは限りません

歯並びは治りますが、一緒に期待したこと、私であれば、歯にものが挟まらなくなるんじゃないか、とか、歯のガタガタなところを舌でなぞり過ぎて舌炎にまでなってしまったというクセが治るだろう、とかいう期待をしましたが、それは違いました。

他にも、頭痛が治るとか、小顔になるとか、痩せるとか?色々と期待するかもしれませんが、中にはそういった方もいるでしょうけど、あれやこれや期待しすぎはだめです。あくまでも歯並びを直したいかどうかをシンプルに考えて行なうか考えて頂くのがよいかと思います。


高額であることや、「こんな歯並びとはいえ、長年連れ添ったチャームポイントみたいなものだし…」なんて気持ちもありましたが、いざ歯並びが良くなってみれば、前に戻りたいとは思わないし、やってよかったという気持ちしかないです。
同じように、長年、何度も矯正をしようか悩まれている方がいれば、ぜひ!と背中を押したいなと思います。





さて。当初10ヶ月くらいの予定でしたが、結果的に約17ヶ月(再作成の待ち時間等も含む)かかった歯列矯正が終わりました。
モチベーションを保つ目的で始めたブログでしたが、案外書くことは楽しく、また、自分で見直しても「こんな歯だったんだなぁ~」と振り返ることができ、やって良かったなと思っています。
他のブログさんを拝見することもあるのですが、皆さん、どうやっているんだろう?というくらいしっかりしたブログばかりで、こんなFC2のテンプレート使った素人丸出しのブログなんて他にない(^^;;;)て恥ずかしくなりますが…
そんななかでも、こんなつたないブログを読んで頂きありがとうございました。
少しでもお役に立てれば幸いです。


元々少ない更新頻度ではありましたが、これで更新は一旦区切りにしようかなと思っています。
(リテーナー期間中にどうしても書きたいことがあれば書くかもしれませんがw)

リアルタイムではなく、これからまとめてお読み頂ける方がもしいらっしゃる場合は、カテゴリーで「重要」「矯正開始まで」「矯正治療経過」などを選んで読んで頂いた方が読みやすいかもしれません。
インビザラインのためになる知識がまとめてあるようなブログではありませんが、日々の悩んだことや不満など(笑)、一個人的なことが書いてあります。
治療で不安になったりしたときに、こんな思いをしているのは自分だけじゃないんだ、と思っていただければ幸いです。


それから、一応個人名や医院名等については(個人の趣味ブログなんだから書いたって全然差し支えないとは思いつつ色々と配慮して)伏せて書いてきましたが、地元の方であれば、もしかしてここかな?なんてお気づきになることもあるかもしれません。
このブログは、私にとって、結構、口では言えなかった不満の捌け口だったりしたので、医院をディスるようなw記載もあったかと思いますが、あくまでも矯正は個々によって違うものです。
同じようなことが起こっても、同じように思うとは限らないし、そもそも同じようなことが起こるとも限りません。
私はインビザライン矯正をして、多少紆余曲折ありましたが、(経験してないので分かりませんけど)多分ワイヤー矯正だったらもっと一本道でちゃんとやれたかもしれないですし、最終的には満足しているし、色々思いのたけを書いたりしたけど、客観的にはちゃんとした矯正歯科だと思いますよ~と一応フォローだけはしとこうと思います(笑)
何にしても、歯医者も矯正歯科もたくさんある時代なので、実際に足を運んでみて、自分の判断で選択して頂ければよいかと思います。


それではひとまず最後になりますが、本当にありがとうございました。



歯科矯正ブログぜひご覧下さい♪ 
☆ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ



プロフィール

__

Author:__
30代にインビザラインで歯列矯正を行いました。
(2016.10~2018.3)
現在リテーナー中です。
始めるまでのこと、経過報告など、日々のことを綴っています。
これから始める方の何か参考になれば嬉しいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR