フィックスリテーナー中のフロスの通し方




フィックスリテーナー(前歯の裏側に取り付ける取り外しできないワイヤー)を装着し、

「これからどうやってフロスを通したら…」と思ったときに、

ふと、以前ハンズで見かけた「proxy soft」というフロスのことを思い出し、購入した事は以前にも書きました。


その後も気に入って継続して使用しており、この間ハンズの割引券があったので購入しようと思ったら、

「プロキシソフト3in1 100本入り」という同じやつは売り切れでした(TT)


3種類売られていて、もう1つはどんなのだったか忘れましたが(50本入り)、
「プロキシソフト ブリッジ&インプラントクリーナー 30本入り」というのはあり、
100本、50本、30本、とだいぶ内容量は違うんですけど、値段はどれも1300~1500円くらいで、
これはかなり割高だなぁ…と思いつつ、でも名前からして本来の私の用途に合ってそうだな、と思い購入してみました。


その時、Amazonで買うというアイデアが全く浮かばなかったんですが(^^;)
調べると大分安い!!しょっく!!





比べてみると、こんな感じ。


2018040518580538e.jpeg 


青い箱が爆発してるのは気にしないでくださいww

箱側面の小窓から1本ずつ引き出せるようになっているのですが、中で絡まって取り出せなくなってしまい、こうなりました(^^;)


比較すると、フロスの長さは大分短いです。
3in1は長くて扱いづらかったので大歓迎!

そして、3in1は片端のみコーティーングされ硬さがありましたが、ブリッジ&インプラントクリーナーの方は、両側がコーティング。しかも太い!

そして、フワフワな部分も、これでもか、というほど太い!!


これ、通るかな?って心配になりましたが、ちゃんと通せました。




ちなみに、どのように使用しているかというのを写真に撮るとこんな感じ。
(写真は3in1使用)
20180405190947209.jpeg
注)上と下の写真の動作は連続的な動作ではありません。一度フロスを抜いています。



ワイヤーより上、と、ワイヤーより下を分けて掃除するわけですが、
ワイヤーより下の掃除は、歯間に挿し込むように、コーティングされた端を通し、フワフワな部分で掃除します。
続いて、ワイヤーより上の掃除。
3in1のコーティングではない片端は普通のフロスになっています。
で、ワイヤーは歯の裏側についているだけなので、歯の前面は完全にフリーな状態。
だから、斜めに入れれば、少なくとも前側は根元まで掃除できます。


というわけで、3in1を使えばこのフロス1本で完結するという優れモノです。


理論上は。
私の場合、このフロスだとちょっと太くて力を入れないと入らないところもあるので、ワイヤーより下の掃除にのみ使用し、他の部分はフロアフロスを使用しています。
あと、とりあえず歯間ブラシで粗大なカスを掻き出した後にフロスをすることが多いですね~。

「これさえあればOK!」みたいな感じにはなってないです。いまのところ。



3in1の弱点はもう1つ。
フワフワな部分は、フワフワなように見えて、水分を吸収するとすぐにへたってしまいます。
見た目ほど、普通のフロスを通しているときと違う感じはないですね。


その点、ブリッジ&インプラントクリーナーは違いました!
さすがのフワフワ感で、ちょっとやそっとでは水分を吸収してへたったりせず、最後まで歯間を隙間無く掃除してくれている感じがありました♪


3in1のフロス部分を使用していない私としては、こちらの方が合っていそうですが、あとは値段の問題ですよね~。
3倍も高いとなると、無駄なものはついていても3in1を使用した方がいっかぁ…と悩みどころです。




と、自己流でこういう方法でやっています。
矯正歯科では、「うーん。フロスは通せないですねぇ…」と言われ、何も指導は受けませんでした。

ただ、先日歯の定期健診に行った歯医者では、見えてはないですけど、同じように歯間から挿しこんで掃除してくれていたので、こんな感じの道具を使っていたのかなぁ?と思っています。
(聞けばよかった!)



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



ところで、フロスの通し方で私はどうしても譲れないことがあります!

それなのに、今まで、定期健診でも矯正歯科でもそのようなフロスの使い方をしてくれた所はありません…。

私はとても疑問を感じています。



何かと言うと。



まず、歯間を掃除するアイテムは、歯間ブラシや糸ようじ、フロス、色々ありますよね。

歯間を掃除するだけならどれでもいいと思いますが、フロスの優れている点は、歯茎よりも下、歯周ポケットにも入り込んでくれる点ですよね。

それならば、奥歯の更に奥にもフロスを沿わせて掃除するべきではないでしょうか?!
(歯間ではないけれども)


実際、私はこれをやると、結構歯垢がとれます。


歯の間ではないので、タフトブラシなどを使ってちゃんと磨けばフロスいらずなのかもしれませんが、私の場合、あまりブラシを奥に突っ込むと嘔吐反射が起きてしまいしっかり磨けない、というのもあるかもしれませんが。


個人的には、奥歯の裏面にもフロス!おすすめです(^^)




歯列矯正ブログぜひご覧下さい♪ 
☆ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

プロフィール

__

Author:__
30代にインビザラインで歯列矯正を行いました。
(2016.10~2018.3)
現在リテーナー中です。
始めるまでのこと、経過報告など、日々のことを綴っています。
これから始める方の何か参考になれば嬉しいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR